好調で交流戦に突入した物の、交流戦の初戦はパリーグ最下位のオリックスとの対戦。

セリーグ首位とパリーグ最下位の対戦でした。

が、結果は3-10の大敗でした。

先発は久保相変わらずというか、立ち上がりがピリッとせずに、フォアボール、ショートフライ、ライトへのヒット、センターへの犠牲フライと先制されます。

ただ、試合を決めたのは次のレフトへのフライ。これを下園が落して2点失点。

結果、これさえ捕ってれば1失点で終わってたのにこの回4失点。

この日は、5番に抜擢された下園でしたが、1回裏2-4の1アウト2塁で1発出れば同点のチャンスの場面でセカンドフライ、2度目の打席は1アウトランナー1塁。途中盗塁失敗で2アウトになりましたが・・・

結局三振、3度目の打席は2アウト満塁のチャンスでしたが、後藤を代打に出されお役御免。

5番というクリーンナップに抜擢されたのにチャンスに代打を出されるとキヨシ御立腹だったんでしょうね。

後藤は結果セカンドゴロとこの回も結局は点入れれず。

 その後も、失点し続けて、最終的には10失点でした。

まぁ、負け試合だったので、投手を試してた部分もあります。

やっぱし、大敗は初回のエラーに尽きると思いますね。

下園はスタメンでは厳しいですね。代打で頑張ってもらいたいものです。