株式会社建国ファンドは国外の為替市場へ投資を行っています。ですから、数ある投資のリスクの中では『カントリーリスク』に左右されやすいという事が言えます。
カントリーリスクと言うのは、投資の対象となる国や地域の政治状況や経済状況が株式市場へも流入され投資資産の地価が変わってしまうリスクの事です。
特にこのリスクに影響を受けやすいのが、債権や国債などの国が発行する投資対象になります。
投資対象の発行元である国や地域の状況がダイレクトに反映されるので、国外に投資を行う場合はそういった国や地域の情勢を確認することも重要です。

株式会社建国ファンドも世界中の外国為替市場に投資を行っております。
しかし株式会社建国ファンドは独自のコンピュータ・トレーディング・システムを導入することで、市場を常に監視し、適切なタイミングで取引を行えるようになっています。投資を行う上でリスク回避は重要です。