きょうは、「肌がけ羽毛布団のカバーをやめてみた。断捨離二年、まだまだありそうな自分の“思い込み”に気づいた件」について書いています。

  • 子どもたちの肌がけ羽毛布団
  • 羽毛布団、洗ってみた。
  • カバー、不要
  • 思い込みはまだまだある。

子どもたちの肌がけ羽毛布団

子どもたちが春夏の季節に使っている、肌がけ羽毛布団です。
f:id:rhinocero:20170906113405j:image
娘は黄色、息子はネイビーの掛け布団カバーを掛けています。


羽毛がうすーく入っている軽いもので、体温調整がしやすい。


夏でも思いのほか使うようで、ベッドに置いてあります。

羽毛布団、洗ってみた。

先日、息子のこの布団のカバーがものすごく色褪せていることに気づきました。


カバーを剥がし、何気なく見てみた布団のラベル。
f:id:rhinocero:20170906113544p:image
これ、洗えるんだ!


10年近く使っていますが、洗ったことはありません(汗)。


早速洗濯機に入れ、ナチュラル洗剤「緑の魔女」で丸洗い。
f:id:rhinocero:20170906113619j:image
浮いてくるので、しばらく押し込んでいました。


洗い上がりを二階へ運び、室内物干し「ホスクリーン」に掛け、サーキュレーターで風を当てました。
f:id:rhinocero:20170906113647j:image
羽毛がぺったんこになってかたよっています。大丈夫かな…。


ときどきバサバサッと布団をさばいたり、表裏から両手でバフバフっとしながら乾燥したところ。
f:id:rhinocero:20170906113714j:image
夕方には、羽毛がふわっふわになり、すっかり元通り!どころか、洗う前よりもすごいボリュームになりました。


側生地もコットン100パーセントなので、まるごと水洗いすることでほんとにすっきりしました。

カバー、不要

これまで、掛け布団カバーを外して、洗い、干して、また布団に掛けなおす、という作業を繰り返してきました。


でもよく考えたら、このカバー、要らないんじゃ???


洗えるお布団なのだからこのまま使って、汚れたらきれいさっぱりこの布団自体を洗えば十分だよね???

  • 実際、今回布団自体を洗ってみた方が、洗ったカバーを掛けていたときよりもあきらかにさっぱり。
  • そして、当然ながら、布団自体を洗うことにすれば、いちいちカバーをはずしたり掛けたりする手間も省ける。


布団自体の消耗ははやくなるのかもしれませんが、それよりも日々の手間が減り、さっぱり気持ちよくつかえることのほうが、わたしにとっては重要です。


色褪せもしていることだし、カバーは処分。
f:id:rhinocero:20170906113756j:image
いままで布団を守ってくれて、ありがとう。

思い込みはまだまだある。

断捨離してきて丸二年。


玄関マットをはじめとするマット類、キッチン周りの道具類、たくさんの洋服や靴など、それまで「あって当たり前」と思ってきたもの、いっぱい手放してきました。


でも、まだまだ自分でも気づかない「思い込み」で持ってるものってたくさんあるんだろうな。


もっともっと、シンプルになれる気がします。


▼わたしの自己紹介です。
はじめまして、あらためまして、自己紹介。 - すっきり、さっぱり。

▼くらしのまとめ画像です。
【お知らせとくらし画像まとめ】n00です。やっとブログに名前がつきました。 - すっきり、さっぱり。

▼いつも、こんなふうに旅をたのしんでいます。
旅好きアラフォーミニマリスト主婦の、旅を最高にたのしむコツ3つ! - すっきり、さっぱり。

▼お金の使い方を意識しています。
【ミニマムライフとお金】“いつか”に備える2万円。残りは、“ここにしかない今”のために。 - すっきり、さっぱり。